敏感肌でもしみない化粧水を探していたら

MENU

敏感肌でも化粧水がしみない肌に

 

化粧水をつけただけで しみてしまう敏感肌

 

 

敏感肌でもしみない化粧水をお探しの方に!敏感肌のバリアを修復☆

それは、肌のバリア機能の乱れによって、外部からの刺激を防御できない状態になっているから。

 

そんな肌にも しみない化粧水はないものかと、低刺激の化粧水をお探しのアナタ。

 

ちょっと待ってください。

 

低刺激の化粧水はたくさんありますが、刺激を避けているだけでは、いつまでたっても しっかりとしたスキンケアは望めないのでは?

 

 

 敏感肌の人は

 肌バリアが乱れてしまっている

 外部からの刺激から肌を守れない

 化粧水がしみる

 

肌バリアをそのままにして、しみない低刺激化粧水でその場しのぎのスキンケアしていれば・・・

 

 エイジングケアができない

 敏感肌特有の枯れ肌に・・・

 しみ、シワができてしまう

 実年齢以上の老け顔に・・・

 

なんて結果になってしまいます。

 

しみない肌を手に入れる方法とは・・

 

化粧水がしみる敏感肌に

でも、「敏感肌だからしっかりしたスキンケアは難しい・・・」なんて、あきらめかけているアナタ。まだ諦めるのは早いですよ!

 

敏感肌でも、化粧水がしみないようなお肌を手に入れるとともに、しっかりとしたエイジングケアまで行えるような、お肌を手に入れることだって不可能ではありません。

 

そんなお肌に導いてくれるお手伝いをしてくれるのが、ポーラ オルビスグループの敏感肌専門ブランドのディセンシアが開発したアヤナスシリーズです。

 

そのメソッドが、あなたの悩みの種を解決してくれるかもしれません☆

 

敏感肌でもしみない化粧水をお探しの方に!敏感肌のバリアを修復☆

 

乱れた肌バリアの形成

まず最初のステップは、角層の修復

 

敏感肌でもしみない化粧水をお探しの方に!敏感肌のバリアを修復☆

敏感肌のために乱れてしまった角層は、バリア機能が弱くなってしまいます。そのため、外部からの刺激によって炎症を起こしやすくなったり、乾燥しやすくなって肌内部に潤いを貯めにくくなってしまっています。

 

外からの刺激をブロックし、内側にため込んだ潤いの蒸散を防ぐために、ベールで肌を覆うように、角層の隙間を埋めて保湿力をつけていきます。

 

 

美肌成分補給

うるおいキープ

 

敏感肌でもしみない化粧水をお探しの方に!敏感肌のバリアを修復☆

肌をバリアで覆いながら、外部刺激を遮断し、保湿力を高め、美肌のための成分を肌内部に浸透させていきます。

 

今まで一生懸命に化粧水でジャバジャバと与えても、すぐに蒸発してしまった潤いも、肌の表面がベールに覆われているから、補給された美容成分によってさらにしっかりと肌内部に保水されます。

 

敏感肌でもしみない化粧水をお探しの方に!敏感肌のバリアを修復☆

敏感肌にもしっかりとしたエイジングケアは可能

エイジングケアも施せる肌に

【まずはお試し下さい訴求】アヤナストライアルセット

外部刺激で起こってしまった炎症を和らげるための成分で、敏感肌特有の”ゆらぎ”を抑制していきます。

 

また、同じく外部刺激でダメージを受けたコラーゲンの生成をサポートしながら、肌のハリや弾力を取り戻していきます。

 

これらのことによって、シミや小じわ、ほうれい線予防といったエイジングケアが施されていきていきます。

 

敏感肌でもしみない化粧水をお探しの方に!敏感肌のバリアを修復☆

 

 

敏感肌や乾燥肌で乱れていた、肌バリアを整えてあげれば・・

 

化粧水がしみないばかりか、しっかりとしたエイジングケアも可能になってきます!

敏感肌でもしみない化粧水をお探しの方に!敏感肌のバリアを修復☆

 

そんなメソッドを敏感肌専門ブランドのディセンシアが、自社のホームページでそっと打ち明けてくれています☆
もっと詳しく!という方はこちらから。

 

 

ストレスも敏感肌の原因

 

敏感肌になってしまうには先天的なアトピーなどのアレルギー型の敏感肌ということがありますが、後天的に敏感肌になってしまうことが多いです。

 

敏感肌になってしまう原因の一つにストレスがあります。

 

ストレスも敏感肌の原因

ストレスが多くなると、体の様々なところに悪影響が出てきます。当然肌にも影響が出てきて、肌を守る機能が低下して肌が乾燥しやすくなります。

 

肌にある角層がいろいろな刺激から守ってくれるわけですが、ストレスがたまり肌が乾燥してしまうと、角層の機能が低下していろいろな刺激に敏感になってしまいます。

 

このようにして敏感肌になってしまうケースが増えています。敏感肌にならないためには、ストレスをためない工夫も必要です。

 

好きなことをするための時間を確保することはもちろんのこと、少し長めの睡眠がとれればベスト。リラックスする時間が増えるということはそれだけストレスを減らすことができますからね。

 

熟睡できれば、成長ホルモンが分泌され肌の再生がきちんと進み、敏感肌になりにくくなるようですよ。

 

 

敏感肌をしっかりとエイジングケア

 

 

敏感肌ケア

年齢を重ねた肌はくすみやほうれい線、たるみなどの症状が出始じめ、見た目年齢を上げてしまいます。

 

くすみは身体の冷えや新陳代謝が悪くなることで血行不良となって起こるものと、肌の表面に古い角質が溜まることによって透明感が奪われてしまうものがあります。

 

余分な角質を取り去るスキンケアとマッサージなどで血行を改善することが必要です

 

とわかってはいても、敏感な肌ではなかなか思うようなスキンケアが難しいものですね。

 

エイジングケアに関するスキンケアをしようと思っても、その基礎化粧品の刺激に肌が悲鳴を上げてしっまったり、乱れてしまった角質の隙間から潤いが蒸散してしまったり・・・。

 

敏感肌の乱れを補いながらエイジングケア

 

ほうれい線やたるみは乾燥や紫外線の影響によりダメージをうけ、肌が弾力を失い真皮層の繊維や筋肉が脂肪を支えきれなくなることによって起こります。

 

コラーゲンやエラスチンといった成分を補い、内側から潤い、ハリのある肌を作り出すスキンケアが必要になります。

 

敏感肌のスキンケア

そこで、敏感なお肌でもそのようなスキンケアができる基礎化粧品の出番です。

敏感肌に刺激を与えずに、乱れてしまった角質対策を打っていけば、敏感肌でもしっかりとしたエイジングケアが可能です。

 

そんな時に試してみたいのが、敏感肌用に開発されたアヤナスシリーズです。

 

まずは、アヤナスで敏感肌対策を行いながら、マッサージで余分な脂肪を排出しやすくして、フェイスラインをすっきりとさせてたるみの改善を試みましょう。

 

また、血行がよくなるため栄養がいきわたりやすくなり、新しい肌を生み出す力が高まります。顔は常に外に出ている状態のため、紫外線対策は年中行うことが大切です。

 

 

【敏感肌のためのエイジングケア】アヤナストライアルセット

 

スキンケアあれこれ

 

スキンケアについてのちょっとした情報やヒントを書き添えてみました。何か少しでもお役に立てたら幸いです。

 

肌トラブルについて

いつまでもきれいな肌でいるためには、どうして肌荒れなどのトラブルが起きるのかを知り、それらのファクターが発生しないようにすることです。

 

できれば避けたい肌トラブルですが、その為にはトラブルになってしまう原因をよく理解しておく必要があります。紫外線によるメラニン色素の生成や肌の乾燥などは良く聞くことですが、間違った肌ケアも肌トラブルの原因になります。健康な肌を維持するためにしているスキンケアが、肌トラブルの要因になっている可能性があります。

 

肌トラブル

 

間違ったケアを知らず知らずのうちにしていると、肌の健康を守るどころか、反対にトラブルへと発展することとなるのです。

 

化粧を落とすために洗浄力の強い洗顔料を使用していると、皮膚細胞の皮脂を必要以上に取り除いてしまって肌荒れしてしまうケースが多々あります。毛穴から多くの油脂が分泌される原因に、顔を洗う時に、お肌が必要としている量の油分まで取り除いてしまい、乾燥肌になってしまうことがあります。

 

こんな経験がある人も多いと思いますが、サウナなどでしっかりと皮脂を落とした後に数時間で顔や額に脂がテカテカとなることがあります。これは肌の自己防衛機能が働くためであり、過剰に分泌した皮脂が原因で細菌の繁殖が進み、炎症やニキビの原因となることがあります。

 

皮膚の水分不足や、油分不足が起きないようにするには、顔を洗った後には、化粧水などのスキンケア用品を使って、皮膚の状態を整えます。汚れを落とすための洗顔も必要以上に行うと、乾燥肌などといった肌トラブルを招く恐れがあるので、正しい洗顔方法を心がけるようにしましょう。

 

細胞は毎日生まれ変わり、28日周期でターンオーバーを行なうため、過剰なスキンケアはトラブルを招くことになるので注意しましょう。また、生活習慣も見直して総合的な対策をとることが望ましいでしょう。

 

 

しみない化粧水

角層のバリアが乱れてしまうと、乾燥しやすくなり化粧水がしみるようになってしまいます。

 

乾燥を防ぐためには保湿が重要ですが、敏感肌や乾燥肌用のひとは、しみない化粧水を探すより、乾燥肌や敏感肌に対応してくれる化粧品を使うことが先決です。中でも、セラミドなどの保湿成分が入ったクリームなどを選ぶことをお勧めします。

 

しみない化粧水

 

しみない化粧水が、そんなセラミドなどの保湿成分を伴ったものならまだましですが、単に低刺激でしみないだけのものでは、乾燥を補うために化粧水をバシャバシャとつけて揚げ続けなくてはなりません。

 

それよりも肌トラブルを根本から見直して、改善してあげることが重要です。バリアが整い、肌荒れも改善されれば保湿効果もあがります。

自分の肌質に合った化粧品

日々、スキンケアに力を注ぐことで、加齢の影響を受けない美しい肌であり続けたいと思っている女性は少なくありません。

 

しみ、くすみが無く、キメが細かいつややかなしっとりとした、あかちゃんのようなすべすべの美肌は誰もが憧れるものです。美肌を維持するためには、自分の肌質に合った化粧品を選ぶことが重要です。毎日使用する化粧品なので慎重に選ぶようにしましょう。

 

もともともっている肌の状態や、1年のうちのどの時期なのかでも、お肌のコンディションは変わりますので気をつけましょう。スキンケア化粧品は、肌質によって合うものと合わないものがあるため、必ず自分に合う化粧品を選びましょう。

 

化粧品選びと同じくらい重要なのが、適切なクレンジングの商品と使い方によって、メイク落としを行うことです。

 

メイク落とし

 

洗顔をするように使うクレンジング剤や、シート型の水のいらない拭き取りクレンジングもあり、クレンジング業界も参入社がふえています。クレンジングの種類を理解した上で、自分の肌質や使用しているメイクに適した商品を選択することが重要です。

 

種類も豊富になるので、必ず自分に合ったクレンジングを見つけることができるでしょう。お肌には、乾燥や、外部からの刺激を防ぐための、油分の膜があります。洗浄効果が強いクレンジング剤の場合、メイクと一緒に、お肌にとって必要な油分も分解してしまいます。

 

クレンジングで皮脂を余分に落としてしまわないように、アイメイク用とフェイスメイク用を分けて使用するなどの方法を取ることをおすすめします。

 

肌トラブルを起こさない上手な肌ケアのためには、事前に情報を集めた上で、しっかり比較検討してから、最適な化粧品やクレンジングを選択することがポイントです。
化粧水がしみないように、乾燥を避けしっかりと保湿しながらスキンケをしてください。

 

↓アヤナス公式サイト↓